生 徒 会


対面式にて(2016.4.12撮影)

◎目標

 生徒会活動を通して、望ましい人間関係を形成し、集団や社会の一員としてよりよい学校生活作りに参画し、協力して諸問題を解決しようとする自主的、実践的な態度を育てる。

 <重点目標>

 @生徒会執行部、専門委員会の連携を強化し、組織的な活動を展開する。
 A日々の実践活動を設定し、年間を通して継続的な活動を展開する。
 B自治的な組織活動を通して、集団の一員としての役割と責任を自覚し、協
  力的な人間関係及び連帯感を育てる。
 C生徒の意見が十分に生かされ、生徒一人一人が充実感をもてるような集団
  活動を実践する

◎指導内容

(1)中央委員会
   生徒会役員、各学級委員、各専門委員会委員長、各部活動部長で構成さ
  れる。ただし、部長は定例の中央委員会には参加せず、必要に応じて参加
  することとする。

(2)専門委員会
   中央委員会での話し合いを受けて、先月の反省や今月の計画を行う。任
   期は半年とし、再任は妨げない。ただし、編集委員は通年での活動とす
   る。

 <本校の専門委員会>

   放送 図書 給食 緑化 生活 保健 奉仕 編集 学級

(3)異年齢集団による協力

   体育祭や合唱コンクールでは、縦割り練習の機会を設定する。

(4)学校行事への協力
   以下の行事では、特設の実行委員会を設けて運営の協力をする。

  ○体育祭:体育祭実行委員会を組織し、計画、準備、運営を行う。
       各専門委員会・部活ごとに準備や役割の割り振りをする。
  ○合唱コンクール:合唱コンクール実行委員を組織し、計画、準備、運営
       を行う。
  ○生徒会役員選挙:選挙管理委員を組織し、選挙の監視、運営を行う。

(5)ボランティア活動などの社会参加

   各専門委員会ごとに検討をして、計画的に実施する。

トップへ